【引退】スペシャルタイムの記事 (1/10)

きちんと記事をまとめる前にまさかの・・・・・・


非常に残念なニュースが・・・・・・。


スペシャルタイム

7/6  引退
6日に美浦南Wコースで追い切りましたが、その直後に倒れてしまい、そのまま亡くなってしまいました。その後の診断の結果、死因は心不全に因るものでした。「先週は3頭の中で先行し、直線で置かれて踏ん張りきれない格好になりましたので、今回は形を変えて3頭の中で一番後ろを進み、直線で内から伸ばすようにしました。距離は同じく長めからしっかり動かすものにしたのですが、2番手を進むシュペルミエールを見ながら直線で並んでいくという、悪くない走りを見せてくれていましたし、これなら今週の競馬へ向かえそうと思っていたんです。しかし、追い切りを終えて常歩で歩いているとおぼつかない脚取りになり、倒れてしまいました。弱さを抱えていた脚元ではないような倒れ方ではあったのですが、その場にすぐに駆けつけた獣医師に診てもらったところ心不全ということでした。弱さを抱えながらも一生懸命に走るスペシャルタイムはここまで本当に頑張ってくれていました。先日のパーティーでも応援いただいていることを改めて実感していましたから、スペシャルタイムのためにも、応援いただいている会員の方々のためにも、何とかいいレースをさせてあげたいという一心で厩舎一丸となって接してきただけに非常に悲しく、そして、本当に申し訳なく思っています」(木村師)

今週の出走に向けて牧場、そして美浦トレセンでしっかりと乗り込み、デビュー戦からの巻き返しを期してきました。先週の追い切り内容を鑑みた上で今朝の追い切りに臨み、まずまずの動きを見せてくれていたのですが、残念ながら追い切り後に心不全を起こし、天に召されました。追い切り馬場ではなく、内に入ったポケットで倒れたため他の馬との接触に遭うこともありませんでしたし、安らかに眠りました。非常に哀しく辛い最期を迎えることになり、心が締め付けられる思いですが、大きな怪我などせずに強く長い苦しみを感じることなく息を引き取ったことは不幸中の幸いと言っていいのかもしれません。もちろん、この悲しみが癒えるわけではありませんが、ご理解をいただければ幸いです。会員の皆様には誠に残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。

なんとも言えませんね・・・・。
ただただ悲しい。
そして安らかに眠ってほしい。それだけです。
スポンサーサイト

スペシャルタイム近況【6/22~6/29】


スペシャルタイム

6/22  木村厩舎
22日は美浦南Wコースで追い切りました(57秒8-42秒2-13秒5)。「歩様のこともありますし、焦らずしっかりと土台をつくってから次走へ向かえればと思っていたので時間をかけてもらっていましたが、そろそろ行けそうという話でしたので先週末に入れさせていただいたんです。まずはじっくりと動かしてきていて、今朝から追い切りを始めたところです。古馬の胸を借りるように動かしてウッドチップコースを半マイル57~58秒くらいでじわっと動かしました。動き自体はこの馬なりのものではあるのですが、コンスタントに動かして少しでも良くしていければという思いです。ただし、上がりの歩様は相変わらず不安定で、厩舎に帰って馬装を解いて洗い場に出す時には歩様が悪いという状況でもありますから、馬自身に苦しさがあるのは確かなのだろうなと思います。そのため、何とかフォローするようにケアをしながら調整をしていかなければいけないと思っています。すぐにレースへ向かうということはないですが、やりすぎて余計に堪えさせてもいけないので、この後の様子を見ながら出走のタイミング、条件を決めていければと思っています」(木村師)

6/29  木村厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(88秒4-71秒7-55秒7-41秒3-12秒9)。「天栄でも行っていましたが長めから動かして全体的に負荷をかけるようにしています。今日は3頭で隊列を組み、厩舎所属でこの馬の状況を把握してくれている小野寺を乗せてスペシャルタイムがいちばん前を先行するようにしたのですが、前半の動きは悪くなかったものの後半は少し疲れてしまって気持ちのほうも切れてしまったような感じでした。ただ、癖馬というわけではなく、体の苦しさから来るものだと思います。左トモの深管部分に弱さを抱えている馬で、強い負荷をかけるとどうしても歩様が不安定になってしまうんです。慢性的に弱さを抱えているのですが、その中でも馬は一生懸命に走ろうとします。タフな中で頑張っているわけで、苦しくなってくると気持ちにも影響するのは致し方ないことなので、何とかフォローしながら競馬へ向かっていければと思っています。走ることに対しては真面目な部分を持ってくれている馬ですし、何とか少しでもいい走りをさせてあげたいですから、状態面でカバーできるように何とか調整していきたいと思っています。いちおう来週の競馬を考えていますが、前走の内容等も鑑みてどの条件へ行くかギリギリまで考えさせてください」(木村師)

うーん、いまいちトーン上がりませんね。
これは次ダメだった場合それ相応の覚悟をしておかないといけないかもしれません。
キムテツ厩舎、有力馬いっぱいいますから・・・・・・。


スペシャルタイム近況【6/14~6/18】


スペシャルタイム

6/14  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によってはハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「ベースアップを図るようにじっくり乗り込んできていますが、まずまずの状況です。この馬なりに充実してきているのか歩様も安定していますし、悪くない傾向にありますよ。今朝は6ハロンの距離でインターバル調教を課しました。時には15-15を行うようにもし、負荷を高めています。今朝木村調教師にも見ていただきましたが、何とかこの調子で乗り込み、トレセンへ、そして競馬へ向けて送り出せればと考えています」(天栄担当者)

6/18  木村厩舎
18日に美浦トレセンへ帰厩しました。

スペシャルタイムはまさかの帰厩。
どこ使うんでしょう?福島?中京?多分福島でしょうね。
ダートなのかなー芝なのかなー?どちらにしろ前走成績的に一番危機的状況にあるのはこの子なのでどうにか希望が見える走りを期待したいです。

スペシャルタイム近況【6/7】


スペシャルタイム

6/7  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によってはハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「時間をかけてベースアップを図ろうとしているのですが、今のところ歩様の乱れも見せずしっかりと乗り込めています。前走の内容を見ると心身ともにもっとしっかりさせないと厳しいとも感じているのでじっくり乗るようにしていますが、今のところ悪くはありません。何とかこのまま鍛錬していって送り出せる状態に持っていければと思っています。馬体重は502キロです」(天栄担当者)

スペシャルタイムは・・・・・どうなんでしょうね・・・・・。

スペシャルタイム近況【5/31】



スペシャルタイム

5/31  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によってはハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「今朝もトレッドミルでじっくりと体を動かし、解した後に馬場へ入りました。軽めの時と速い時と分けているのですが、今朝は速いペースで動かす調教でした。長めの距離で15-15かそれ以上の速度で動かすようにしていますし、少しずつでも中身を良くして、下地を強固なものにしていければと考えています。具体的なことを相談していけるのはもう少ししてからかなという気もしていますが、体調を見ながら柔軟に考えていければと思っています」(天栄担当者)


スペシャルタイムは・・・・・・。木村厩舎はもうそんなに馬房余裕無いと思いますから次あたりで決めてほしいですが・・・・。
だって社台・サンデーでの委託予定馬何頭よ・・・・・。

兎に角頑張れ!