キャロットクラブの記事 (1/4)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロットの馬名が決まりましたとか色々


キャロットの馬名が決まりました。

アドマイヤドレスの15
ヴェスティード

シーズンズベストの15
ベストヴォヤージュ

アドマイヤキラメキの15
センテリュオ

ピューリティーの15
ピュールフォルス

頑張って覚えます。


2/4にエルフィンSに出走したミリッサは最後方から追い込むも3着。

個人的にはルメール騎手が下手に乗ったかなぁという印象。
かかってた影響もあるんでしょうが、うーん。

次走はチューリップ賞を目指すようです。
出走出来ればいいんですが果たして。

スポンサーサイト

キャロットの13年産駒の出資馬全て引退


昨日のアンテレクテュエル引退で13年産駒の出資馬全3頭が引退しました。
この世代でも初勝利を上げることが出来ませんでした。
私の夢は14年世代に託されます。

さて13年世代をちょっと振り返ろうと思います。

コイスルキセキ

結果としてデビュー戦がピークでした。
デビュー戦見た後は勝ち上がりは時間の問題だと思いましたがまさかの引退。
血統からか短距離にこだわる起用が続きました。
デビュー戦のマイルでの走りを見るに短距離馬ではなかったのかと思えなくもない。
最後の方は西園先生のレース選択と騎手起用に???となることが多かったです。
色々と嫌なイメージがついてしまい残念な感じ。

コイスルキセキはその後盛岡競馬で走ってました。
南部杯の日にレース出てましたね。いきなり2着と頑張っていました。
特別気にかけることはないと思いますが、レースで名前を見かけたら応援します。

スペシャルタイム
この子は・・・・・不運でした。
出資理由は誕生日が同じだから&話題だったキムテツ厩舎だったので出資しましたという。

デビュー戦は見せ場なく、2戦目に向けて調教していたものの調教後に亡くなってしまう不運。
デビュー戦を現地で見ていたことは本当に良かった。
レースに出るのも大変なんだと改めて認識させられた馬でした。

アンテレクテュエル
この子は新種牡馬枠ということで出資した馬。
あとは関東馬だったので見に行きやすいだろうと。

大型馬ゆえにデビューまでも一苦労。
途中のダート戦はちょっと遠回りする結果だったかなと。
未勝利で格上挑戦というレアな体験をさせてもらいました。
きっと馬自体は弱くはないと思っています。ただ大型馬ゆえに調整の難しさがあったのだと思っています。

案外地方のダートならあっさり勝ってしまうかもしれません。頑張ってもらいたいです。




今更ですがキャロットドラフト結果とか。


もう皆さん気分はシルクのドラフトでしょうし、今更感は否めませんが一応載せます。

応募したのは以下の馬です。

出資申込(最優先希望)
募集馬名 口数 支払方法
43. アドマイヤキラメキの15 1 一括

その他の出資申込(順不同)
募集馬名 口数 支払方法
27. ヴィアンローズの15 1 一括
28. アドマイヤドレスの15 1 一括
39. シーズンズベストの15 1 一括
40. コスモチェーロの15 1 一括
47. ブルーメンブラットの15 1 一括
65. ピューリティーの15 1 一括


そして抽選結果はこれ。

27.ウ゛ィアンローズの15           1口   一括   ×    
28.アドマイヤドレスの15           1口   一括   ○    
39.シーズンズベストの15           1口   一括   ○    
40.コスモチェーロの15            1口   一括   ×    
43.アドマイヤキラメキの15          1口   一括   ○    
47.ブルーメンブラットの15          1口   一括   ×    
65.ピューリティーの15            1口   一括   ○


無事最優先でアドマイヤキラメキの15取れました!
初のディープ産駒です。

抽選突破して取れたのはアドマイヤキラメキとピューリティーですね。
無抽選でした、アドマイヤドレスとシーズンズベスト合わせて4頭です。
関東馬・関西馬2頭ずつ(牡馬・牝馬2頭ずつ)とバランスよく。

しかし、コスモチェーロとブルーメンブラット両方が一般抽選で落ちてしまったため、
頭数に対してちょっと小粒なメンバーとなった感じがあります。
せめてどちらかが取れてば違ったんですけどねー。
ちょっと2次募集で追加することも考えてます。

出資馬への気持ちとしては以下の通り。


アドマイヤドレス(牡):短距離〜マイルで細く長くやれたら。
シーズンズベスト(牝):芝・ダート兼用で細く長くやれたら。
アドマイヤキラメキ(牝):目指せオークス!2歳年末からクラッシック、もっと先まで夢を見たいですね。
ピューリティー(牡):ダイワメジャー産駒ですので2歳の早いうちからNHKマイルあたりまで楽しめたらいいですね。そのあとはボチボチ走ってくれれば(笑)

と、願望を今のうちに書いておきます。再来年の答え合わせを楽しみにしてましょう。

キャロットのpdfと動画見た感想


キャロットのpdfと動画が公開されました。

眠い目擦りつつpdfはほどほどに、動画を見ました。

結論から言うと正直分かりません。

なのでとりあえずカタログを眺め続けてピンとくる馬を探そうと思います。

しかし、狙ってた馬が何頭かいたのですが、ほとんどが個人的に微妙な厩舎となってしまい、

ちょっと考え直さなきゃかなーと思ってます。

とりあえずカタログと睨めっこする日々が始まりそうです。

2歳出資馬近況【3/15】


やる気があるうちに更新します。

【キャロット】

ラベルヴィー(アドマイヤセラヴィ の14)

3/15  NF空港
馬体重:512kg 
この中間は左前球節に見られる疲れの回復を促すことを念頭に進めており、現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを行っています。まだハリは残っているため坂路入りは控えていますが、いいフォームで走ることができており、以前より走り自体がしっかりしてきている印象を受けます。今後も日々脚元を見ながら進めていき、早期の坂路入りを検討していければと思います。

ミリッサ(シンハリーズの14)

3/15  NF早来
馬体重:430kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週2回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。半姉のシンハライトが無敗でチューリップ賞を制し、改めてこの母系の血筋の確かさを証明してくれました。本馬も動かせばどこまでも伸びていきそうな走りを見せており、3歳でオープン入りを果たした兄姉の同時期と比較してもヒケを取らない資質の高さを垣間見ることができます。今後も精神面、肉体面の双方をじっくりと成長させていきたいと考えています。

ゼルビーノ(マチカネホレルナヨの14)

3/15  NF空港
馬体重:476kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。馬体重が増加傾向にあることで見た目の印象も変わってきており、全体的に大きくなってきたように感じられます。今後は上手く我慢を覚えさせていくことで更なる良化につなげていくことができればと考えています。

ゴレアーダ(インパクトゲームの14)

3/15  NF空港
馬体重:415kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~20秒のキャンターで2本登坂しています。トモを中心にまだ緩さはありますが、この馬なりに少しずつ成長を見せてくれています。坂路登坂時の手応えは良いものの、時折ウッドチップに脚を取られることもあるなど力が付ききっていない面が垣間見えます。良化の余地がある証拠でもあるので、焦らず鍛えていきたいところです。

ミリッサが絶賛されてますね(贔屓目)
シンハライトからしっかり馬券も取った自分としてもかなり期待しています(笑)
ダイワメジャー産駒ですのでオークス向きではないでしょうから桜花賞までは夢を見たいですね!

ラベルヴィーは徐々に良化してる印象、ゼルビーノは気性が問題かな?この血統は気性イマイチなのかな。
ゴレアーダは徐々に体重も増えてますし気長に待ちましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。