ガーランドワルツの記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーランドワルツ、3戦目は8着


ガーランドワルツ

10/16(日)新潟2Rに出走したガーランドワルツは8着。

なんかスタート直後にめっちゃよれてましたね。
少しは前進した気がしますが・・・・・。
調教師の最近のコメントからはダート試しそうな匂いがプンプンしてましたがどうなんでしょう・・・。
距離短縮など試してからダート挑戦にして欲しいのですが・・・。


スポンサーサイト

ガーランドワルツ、2戦目も12着


ガーランドワルツ

2016/08/27(土)の小倉2Rに出走したガーランドワルツは5番人気の12着でした。
スタートが全てですかね?まあ血統的に焦ってはいけない血統なのは分かってますが、
悪い結果というのは出来れば聞きたくないですね(笑)

ガーランドワルツ、デビュー戦は12着


ガーランドワルツ

スタートは一息だったものの二の脚は良く、道中は4番手あたりを追走、そのまま好位キープで直線に入りましたが、追い出してからの反応は一息で、徐々に順位を下げて中団で流れ込んでいます。

戸崎圭太騎手「返し馬でも自分から先頭に立つぐらい気持ちが前向きでしたし、とても乗り易くて素直でした。道中は折り合って走ってくれていたので、勝負処で反応さえしてくれれば良い競馬が出来ると思いましたが、いざ追い出しに掛かると反応し切れませんでした。体が幼く、非力なところも窺えましたから、緩い馬場と坂も堪えたのかもしれません。まだ2歳のこの時期ですし、勝負処までの内容は悪くなかったので、これからの成長に期待したいですね」

吉田直弘調教師「初めての輸送も無事にこなし、環境の変化に戸惑うことなく、落ち着いて競馬に向かうことが出来ました。返し馬でも先頭を切って闘志を見せてくれましたし、これならしっかり力を出してくれると思いました。行き脚はそこまで速くなかったものの、リズム良く追走することが出来ていましたし、徐々に上がって行けましたから、これなら勝負になると思いましたが、追い出しに掛かると案外でしたね。まだ非力なところは確かにありますが、瞬発力勝負だと少し分が悪かったですね。牝馬の割には飼葉もしっかり食べてとても調整しやすい馬ですから、成長を促しながら出走させていけば先々は走ってくるはずです。この後はトレセンで状態を確認してからノーザンファームしがらきへ短期で放牧に出して良化を図ろうと思います」

現地で見てました。
前につける競馬で、お?っと思いましたが最後は沈んでしまいましたね。
血統の割に専門紙でもさほど印は良くなかったので、まあ調教が良くないと評価されたのでしょう。
1度使って次は良くなるでしょうから次に期待しましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。