【引退】ジュモートリステの記事 (1/9)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュモートリステ、サラブレッドオークションにて3,503,000円で落札される


http://auction.rakuten.co.jp/item/11784848/a/10000758/#middleArea

個人的には繁殖に上がってもらってキャロットで募集されたら嬉しかったですが、本日のオークションで落札されたようです。
地方行くなら、キャロに残ったままで再転入目指してほしかったですが残念です。
地方でも頑張ってほしいですね。


一口馬主を初めて出資馬が引退したわけですが、クラブから連絡とかは特になしでオークションに出されるものなのですね。
それか配達の関係でオークションが先になって、後日オークション出しますよーって連絡が来るパターンですかね?(笑)

一応書面で連絡来るようですし、オークションの結果を含めて連絡来るのかな?

連戦出来ない体質だし、最後の最後で脚元も不安な状態ですが、地方で結果を残せるのかそれだけが心配ですね。
個人的な偏見では地方って結構続けて使うイメージですので・・・・。
母:ビクスドールの血統はダート走りますが、中央では芝だけしか走ってませんし、父:ハービンジャーってダート走るの?ってレベルですし、色々心配ですね・・・・。

せめて地方で活躍して、良い意味で心配を裏切ってほしいですね。

トゥザ一族に近いってだけじゃ繁殖上がれなかったか・・・・・( ;∀;)


スポンサーサイト

ジュモートリステ5戦目は15着、そして・・・・・。

抽選の結果も書きたいですが、まずはこちらから。


9/17  田中剛厩舎
19日の中山競馬(3歳未勝利・芝2000m)に蛯名騎手で出走いたします。

9/19  引退
19日の中山競馬ではややゆっくりとしたスタートで後方の馬群の中を追走する。後半勝負にかけたがペースが上がりだしてからの手応えが怪しく、直線でも伸びが見られず15着。「ゲートが速くないのは以前に跨がってわかっていますから、下手に急かさずに、道中はできるだけ内をロスなく運びました。4コーナーから直線入り口では前がポッカリと空きましたし、そこを上手く抜け出してほしいと思って追ったのですが、正直それからはまったく反応できませんでした。この時期でなおかつ芝の番組が限られますから致し方ない面はあるのですが、やはり中1週の競馬が堪えた印象です。走りにコトコトした硬さがあってストライドが伸びなかったですし、今日はこの馬としてはおとなしいというか、時折気が入っても空元気に感じましたからね。上位争いをできる力のある馬ですし、せっかく声をかけていただいたからには何とか結果を出したかったです。本当に申し訳ありません」(蛯名騎手)「ソエのある脚元のケアをしっかりやってきて、その点に関してはそこまで悪くない状態かと思っていました。しかし、夏の新潟に行ってからの中1週での競馬ということもあってか馬体重は減ってしまいました。それでも雰囲気は悪くないし、何とか頑張ってくれと祈る想いで送り出したのですが、結果的にはペースが上がり出してからの走りに余裕を感じられなかったですし、直線で鞍上が仕掛けてからも反応がありませんでした。ジョッキーに聞くと競馬のスピードで硬さがあって仕掛けてからも反応がなく心配したところもあったようなんです。上がってきた直後の様子だと大ごとになるような歩様にはなかったですけれど、しっかりと見ておきます。今回は勝たないと意味がない、勝たなければいけないレースでしたし、芝で良さを見せていた馬でしたからハードなスケジュールなのはわかっていましたけれど頑張ってもらいました。そのような大事な中で勝たせてあげられなくて本当に申し訳ありません」(田中剛師)慢性的に残るソエの症状との戦いであったと言っても過言ではなかったと思います。そのような中で何とか勝ち上がらせたいと調整をしてきましたけれど残念ながら勝ち上がることができませんでした。まともなら初戦や前走のようなパフォーマンスを発揮できるのでしょうが、脚元の反動、馬体重の維持にかなり気を遣いますし、短いスパンでコンスタントに使っていくことができないところがありますから、立て直すにも時間がかかってしまうのは否めません。田中剛調教師と協議を行った結果、難しい判断ではありましたけれど、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

昨日は現地で見てました。
スタートは相変わらずのワンテンポ遅れ。さほど目立つ出遅れではなく、むしろ上々な方。
しかし、当初の懸念通り距離が長かったのか、はたまた中1週の日程のせいなのか、
直線では全く伸びが無く敗戦。

あわよくば、地方転出と思ってましたが、引退でしたね。
繁殖に上がれないですかね・・・・・・。

13年産駒に向けての意味で出資を決めたジュモートリステ。
デビュー戦での脚を見てそう遠くないうちに勝ち上がれるだろうと思いましたが、体質の弱さも相まって5戦で引退。
前走の新潟でのハナ差2着が本当に悔やまれます。

一口馬主始めて初めて出資した馬で勝ち上がれるほど甘くないのは分かってましたが、引退が決まるとやはり寂しいものです。

いままでありがとう、ジュモートリステ。そしてお疲れ様ジュモートリステ。


繁殖に上がってくれないかなぁ・・・・(しつこい


ジュモートリステ近況・次戦の鞍上は蛯名騎手(9/16)

9/16  田中剛厩舎
16日は美浦坂路で追い切りました(55秒8-40秒5-26秒4-13秒0)。「先週いっぱいの期間を使って慎重に様子を見てきましたが、先週あたまの時点とそう変わりはなく、ソエの痛みがぶり返してくることもない状況でした。ちょっとくらい痛くなるだろうという見方もしていたのですが、まずまずの状態でおさまっています。予防の狙いも込みでいちおうソエ部分を焼いておきましたし、その他のケアもしっかりと行い、少しでもいい状態で今週のレースへ向かえるように調整しています。大丈夫ならば中1週ですし、脚や体調面への配慮で坂路にてサッと動かす追い切りにしました。時計は55秒くらいですが、終いをスッと伸ばしてまずまずの動きを見せてくれていますし、今のところ問題はナシです。もちろんこの後もしっかりと見ていき、不安だと思えれば考え直しますが、大丈夫ならば今週に向けてゴーサインを出そうと思います。2000mという距離はもしかすると幾分長いかもしれませんが、レース本番でのみ見せるゲート内での動き、そしてゆっくり目のスタートを考えると中山なら距離的に2000mくらいあったがいいかもしれません。権利持ちなどが多い中、この馬のことを分かってくれているマサヨシが乗ってくれるというのも心強いですし、何とか最後のチャンスを勝ち取ってほしいと思っています」(田中剛師)19日の中山競馬(3歳未勝利・芝2000m)に蛯名騎手で出走を予定しています。

蛯名騎手で3戦目。

デビュー戦ではそう遠くない日に勝ち上がると思い
小回りだけが心配だった福島では、まさかのクソ出遅れ
そして5戦目、勝ち上がりをかけて三度蛯名騎手が鞍上に。

出れる状態にあるのかだけが鍵ですが、出走が決まった際には何とか勝ち上がってほしいものです。

あー緊張してきた。




ジュモートリステ近況(9/9)


9/9  田中剛厩舎
9日は軽めの調整を行いました。「先週のレースを思い返すたびに悔しくなりますが、後ろを振り返ってばかりもいられませんし、今はいかに勝たせられるかを考えていきたいと思っています。レースを終えて厩舎地区に戻った際の歩様をすぐに確認しましたが変わりはなさそうでした。すぐにケアを始めてその後美浦に戻して再び様子を見ていました。今朝までの様子を見るとソエの痛みがぶり返すことはなかったですね。レースへ向かうまでは新潟の硬い馬場を走った反動が出るのではないかという心配もしていましたが今のところはなさそう。やはり、雨の影響で行くからソフトになった芝状態が馬にやさしかったのでしょうね。ただ、安心はしないようにしています。必要とあれば焼くことも行い、今より悪くならないようにしっかりと処置して次走へ向かうつもりです。いい走りを見せてくれた芝のマイルが理想的なのですがさすがにソエ持ちで連闘というのはどうかと思いますし、そう考えるといくらか長いかもしれませんが中1週で来週の芝2000mというのがベターでしょうか。もちろん相手関係や乗り役さん、そして何より馬の状態次第になってきますし、しっかり考えてから決めていきたいと思っています」(田中剛師)出馬状況や馬の状態次第で変更になる可能性もありますが、19日の中山競馬(3歳未勝利・芝2000m)に出走を予定しています。

今週の出馬表に名前はありませんでしたから、19日が目標ですね。

あとは騎手が誰になるか。前走見る限り戸崎騎手を確保出来ればと思いますが、仮に無理でもなんとかリーディング上位の騎手を押さえて貰いたいですね。

ジュモートリステ4戦目はハナ差2着


9/5  田中剛厩舎
5日の新潟競馬ではスタートで行き脚がつかず最後方からの競馬。直線で内目からよく伸びたが僅かに及ばず2着。「あとちょっとだったんですけどねぇ…。申し訳ありません。ゲートの中でもの凄くうるさかったということはなかったのですが、やや半立ちのような重心のかかり方をしていたし、ゲートが開いてスッと加速していけるような格好にならず後ろからになってしまいました。焦っても仕方ないのでジッと我慢して最後に賭けたんです。じわじわと伸びてきましたし、良かったのですが…。ソエっ気があるということでしたが、フットワークは軽くチクチクしたような気にする走りには感じなかったので厩舎の方々がよくケアしてくれていたのでしょう。あと少しのところまで来たように力があるのは確かなので、何とか勝ち上がってほしい馬です」(戸崎騎手)「いや…悔しいです。正直に言うとスタートで遅れた時点で見ている僕の方の気持ちが切れかかったのですが、なんとか権利だけでもと思って見ていました。しかし、直線では段々と勢いがつき、まわりよりも伸びていて、ここまで来たら差し切れと声が出たものです。あとちょっとだったんですけれどね…。ゲート練習は先週にも行い問題なかったのですが、レース本番になると緊張してしまうのだと思います。ソエがあったので、芝がどうかと思いましたが、中間の雨で程よく湿っていたのは良かったと思うんです。反動が怖かったので理想はここで勝ち切ってお休みという形だったのですが、気持ちを切り替えて何とか最後のチャンスをモノにできるようにしっかりやっていきます。すぐにでも脚のケアに取りかかり、トレセンに戻り、必要と思えばすぐに焼くなどしてビッチリとケアを施して中山へ向かいます」(田中剛師)スタートで遅れた時には心が折れそうになってしまいましたが、直線ではよく伸びてきました。勝ち馬はさらに内をロスなく立ち回っていたのでその差なのは確かでしょう。あれだけの伸びを見せていたのですから勝ち切って休ませてあげたかったのですが、力上位でまだまだ成長を見たいという気持ちを改めて感じさせてくれましたし、最後のチャンスに全力投球したいと思っています。もちろん、それにはレース後の状態が関係してきますし、しっかりと見極めた上でどうしていくか判断していきます。



あああああああああああああああああああああああ悔しい。悔しすぎる2着。
そして大き過ぎるハナ差。

最後の直線は震えました。
新馬戦を彷彿させる伸び。これがジュモートリステなんです。


故に勝って欲しかった。残されたチャンスは後1回です。
新馬戦や今回のように実力があるのは分かってるのです。このまま終わっていいような馬ではないと思うのです。

次走はおそらく中山でしょう。
合わないと思うんですよね・・・・。

本当に今回で決めてほしかった・・・・。悔しすぎます。

次走がいつなのかは分かりませんが、個人的には連闘で中山の1600を戸崎騎手でお願いしたい。

泣いても笑ってもあと1戦。頑張れジュモートリステ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。