2016年03月の記事 (1/1)

コイスルキセキ近況【3/15】


あぁ悲惨な3歳世代・・・・。

コイスルキセキ

3/15  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半には15-15も取り入れてみました。その後も特に反動はなかったので、今朝も坂路で15-15を行っています。少しペースを上げたことで新陳代謝が活発になってきたのか、毛ヅヤは良くなってきたように思います。このままコンスタントに15-15を乗り込みつつ移動に備えていきます」(NFしがらき担当者)
スポンサーサイト

アンテレクテュエル近況【3/16】


アンテレクテュエル

3/16  鹿戸厩舎
16日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒4-41秒1-12秒8)。「少しずつ動かしてきていますが、今のところへこたれる様子は見せていませんし、徐々に上向いてきているかなという印象です。先週は古馬に胸を借りてどのくらい動けるかを見るようにしていましたが、今日はできるだけ自分の力だけでしっかりと走らせたいと考えていました。相手は古馬ですが、その馬に頼りすぎないで動かすようにしたところ、ちょっと生ズルいところはあったみたいです。それでも、見た目ではそれなりに余力のあるように走っていましたし、悪くなかったように感じました。体が徐々に締まって動ける格好になってきているのもあるのかもしれません。ただ、あまり攻めすぎるとお腹まわりなどがスッキリしすぎてしまいそうな格好にも見えますから、丁度いいところを保ってレースへ向かえればいいですね。日曜日、もしくは月曜日にそれなりにやってみて、その感じかもしくは来週の動きを見てある程度のメドが立てられればいいかなというイメージは持っています」(鹿戸師)

スペシャルタイム近況【3/16~3/17】


スペシャルタイム

3/16  木村厩舎
16日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒3-40秒2-13秒3)。「先週の除外は非常に残念でしたが、それも想定できる状況でしたし、仕方ありません。すぐに気持ちを切り替えて調整にあたっています。今週も必ず出られるという保証があるわけではありませんけれど、今週の出走を目標に調整を行っています。予定が延びたからと言って体調面に影響はありませんし、ご安心ください。月曜日の出走を予定している馬たちの追い切りは明日にしていますが、この馬は早ければ今週の日曜日のレースになりますので、追い切り後のケアもしっかりと行えるように今朝追い切っています。ウッドチップコースで小野寺ジョッキーを背にして、55-40をベースにしてパートナーを追走し、最後は併入に持ち込むというものにしました。動き自体は良い意味で変わりはなく、しっかりと動かせていますから、何とかこのまま競馬へ向かえればと思っています。正直、弱さもあって歩様はあまり良いタイプの馬ではないので初めて乗る人だと気にしてしまうと思いますから、よく話もしてコミュニケーションをとれる柴山ジョッキーに依頼しています」(木村師)20日の中山競馬(3歳新馬・ダ1800m)に柴山騎手で出走を予定しています。

3/17  木村厩舎
20日の中山競馬(3歳新馬・ダ1800m)は非当選除外となりました。今後は来週以降の競馬を視野に調整を進めて行きます。

2歳出資馬近況【3/15】


やる気があるうちに更新します。

【キャロット】

ラベルヴィー(アドマイヤセラヴィ の14)

3/15  NF空港
馬体重:512kg 
この中間は左前球節に見られる疲れの回復を促すことを念頭に進めており、現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを行っています。まだハリは残っているため坂路入りは控えていますが、いいフォームで走ることができており、以前より走り自体がしっかりしてきている印象を受けます。今後も日々脚元を見ながら進めていき、早期の坂路入りを検討していければと思います。

ミリッサ(シンハリーズの14)

3/15  NF早来
馬体重:430kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週2回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。半姉のシンハライトが無敗でチューリップ賞を制し、改めてこの母系の血筋の確かさを証明してくれました。本馬も動かせばどこまでも伸びていきそうな走りを見せており、3歳でオープン入りを果たした兄姉の同時期と比較してもヒケを取らない資質の高さを垣間見ることができます。今後も精神面、肉体面の双方をじっくりと成長させていきたいと考えています。

ゼルビーノ(マチカネホレルナヨの14)

3/15  NF空港
馬体重:476kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。馬体重が増加傾向にあることで見た目の印象も変わってきており、全体的に大きくなってきたように感じられます。今後は上手く我慢を覚えさせていくことで更なる良化につなげていくことができればと考えています。

ゴレアーダ(インパクトゲームの14)

3/15  NF空港
馬体重:415kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~20秒のキャンターで2本登坂しています。トモを中心にまだ緩さはありますが、この馬なりに少しずつ成長を見せてくれています。坂路登坂時の手応えは良いものの、時折ウッドチップに脚を取られることもあるなど力が付ききっていない面が垣間見えます。良化の余地がある証拠でもあるので、焦らず鍛えていきたいところです。

ミリッサが絶賛されてますね(贔屓目)
シンハライトからしっかり馬券も取った自分としてもかなり期待しています(笑)
ダイワメジャー産駒ですのでオークス向きではないでしょうから桜花賞までは夢を見たいですね!

ラベルヴィーは徐々に良化してる印象、ゼルビーノは気性が問題かな?この血統は気性イマイチなのかな。
ゴレアーダは徐々に体重も増えてますし気長に待ちましょう。

コイスルキセキ近況【3/8】


遅くなりましたが近況を。

コイスルキセキ

3/8  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、周回コースと坂路で乗り込みを行っています。この中間、ややカイバ食いが安定しない時もあったのですが、今のところは大きな疲れもなく順調に乗り込むことができています。まだ全体的な雰囲気などは物足りないのですが、今後も動かしながら良化を促していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

コイスルキセキは状態整えて次走で勝ち上がれるようにしてほしいですね。

アンテレクテュエル近況【3/9】


アンテレクテュエル

3/9  鹿戸厩舎
9日は美浦南Wコースで追い切りました(56秒5-42秒1-13秒5)。「先週無事にゲート試験に受かって、その後の様子をよく見ていましたが、ガクッと来ることはなかったですね。少し楽をさせたのちに週末坂路で時計になるかならないかくらいのペースでじわっと動かしておいて、今週の調教の様子を見ることにしました。古馬に胸を借りて併せるようにしたのですが、初めての併せ馬でしかもコース追い楽ではなかったものの、可愛がってもらって何とか対応をしてくれていましたね。乗り手も最初としてはそれなりに動いてくれたので、悪くないのではないかということでした。このあとピッチを上げていって、やっぱりちょっと厳しいかなと思えれば仕切り直しますが、今日のジャッジとしてはこのまま残してデビューへ向かっていきたいと考えています」(鹿戸師)


アンテレクテュエルはこのままデビューを目指す模様。
ないとは思いますが、スペシャルタイムと同じ新馬戦狙ってたりしませんよね?・・・・・・ないよね?
と、まあアンテレクテュエルもようやくデビューへ前進です。無事に行って欲しいですね。

スペシャルタイム近況【3/9~3/10】


スペシャルタイム

3/9  木村厩舎
9日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒8-56秒8-42秒2-13秒5)。「いつもは半マイルの短い距離でしっかり集中させて動かすようにすることが多いのですが、今回は長めから動かす調教を行いました。3頭の真ん中をスペシャルタイムが進み、終いは体を並べて伸ばす形です。素直に鞍上の指示に対応して動けていましたし、悪くはなかったかなと思います。2週ほど前にハ行しましたけれど、一過性のものでその後の影響はないと見ていいと思います。フットワークを見ていると苦しい部分がるのかなというようにも見えなくはないので、大きなことは言えませんが、ここまで持ってくることができました。脚元を考えるとダートのほうが良いいですし、上手くスタートを切って流れに乗れればと思っていますが、頭数も多いのでまずは入るかどうかですね」(木村師)12日の中山競馬(3歳新馬・ダ1800m)に柴山騎手で出走を予定しています。

3/10  木村厩舎
12日の中山競馬(3歳新馬・ダ1800m)は非当選除外となりました。今後は来週以降の競馬を視野に調整を進めて行きます。


スペシャルタイムは無念の除外。この時期の新馬戦は抽選突破するのも大変ですね。
次走がどこを想定してるのかは分かりませんが、新馬戦にこだわるならスプリングSの日にありますね。
何かの間違いで武豊騎手とか乗ってくれませんかね(笑)
しかし除外されたとはいえ、同じく除外された馬が沢山いますからね・・・・・。出走できるのか・・・・・。


アンテレクテュエル近況【3/3】


アンテレクテュエル

3/3  鹿戸厩舎
2日はゲート練習中心のメニューを行いました。3日にゲート試験を受け、無事合格しました。「先週からゲート縛りを取り入れていましたが、初日の木曜日に続いて金曜日にも縛りを行ったんです。やはり理解力はあるようで段々と納得してくれていました。その後も大丈夫そうな状況に思えたため今週の水曜日に確認をして、問題ないなら試験を考えてみようと思っていたんです。実際に水曜日の様子はと言うと、入りをゴネることはなく、駐立も大人しくしていました。2回後ろ出しをして3回目に前扉を開けて出すようにしたところ、ゆっくりにはなりましたが、一連の流れを無難にこなすことができていたので、これならば次に進んでもいいのかなと思えました。スタート自体は正直速くなかったのですが、大人しくするということを教えている中でしたから仕方がないと思っています。また、継続して練習して、その状況を見せていることでジャッジする人たちも理解を示してくれますから、この状況でも試験にトライすることにしました。練習時は1頭でしたが、今日は相方を用意して2頭で受けたところ、駐立は大人しくこなしてくれました。出に関しては見ている僕らも、乗っている助手もかなり驚くくらいの、これまでにないくらいのダッシュを見せたんです。結果はもちろん合格。ちょっと時間はかかりましたが、ここまでうまく来ることができましたね。多少癖のある馬ですが、上手く付き合っていけば何とかなりそうですし、体や動きを見ていても徐々に良くなりつつあるような気がします。今日は受かったばかりなので今すぐに方針を決めることはしないで、少し様子を見させてください。週末くらいに少し大きめを乗って、来週半ばに少し時計を出してみます。その時とその後の感触をもとにこのまま行けそうか、いったんリフレッシュして乗り込み期間を設けてから次へ向かっていく形にするか、よく考えていきたいと思います」(鹿戸師)


一番の進展があったのはアンテレクテュエル。
縛られたりして一時はどうなるものかと思いましたが、学習能力は高い?らしく無事ゲート試験合格してくれました。
おまけとしてこれまでにないダッシュを見せてくれたようで。
ジュモートリステ・コイスルキセキとゲートが遅い馬が続いてましたが、ここにきてようやくのゲートの出が良い馬?
リフレッシュかこのまま厩舎滞在かは分かりませんが、順調に行って欲しいですね。
余談ですが、鹿戸先生はしっかりコメント出してくださるので嬉しいですね。




スペシャルタイム近況【3/3】


スペシャルタイム

3/3  木村厩舎
2日は軽めの調整を行いました。3日は美浦南Wコースで追い切りました(57秒3-42秒2-13秒9)。「先週の追い切り後に違和感が出てしまったので慎重に様子を見て、必要な治療を行ってきましたが、徐々に快方へと向かってくれていました。通常行う週末の調教は無理せず控えましたが、ケアを施してきたことで悪くない状態になってきましたね。週明けの様子も問題なかったことから、休み明けですけれど火曜日は通常より少し強めの調教を課して、昨日水曜日はダートコースでの軽めのキャンター調教に留めました。今朝の様子を改めて確認しましたが、強い調教負荷をかけても大丈夫そうに思えたことから追い切りをかけました。ウッドチップコースで併せ馬にて動かし、イメージ的には55-40くらいでしたが、若干ゆったりとしたものになってしまいましたね。道中はパートナーに対して少し気を遣うようなところを見せていたのですが、それでも直線へ向いて真っ直ぐ走らせた時にはしっかりと走れていました。まだ粗削りな面はありますけれど、少しずつ形になってきています。先週は追い切りを終えて厩舎に戻って手入れしている時に歩様が悪くなったのですが、今回はそのような状況になっていません。もちろんこのあと変化する可能性もあるので引き続きしっかりと見ていきますが、問題なさそうならば週末、来週と課していって競馬へ向かえるようにしていければと思います」(木村師)今後の状態や出馬状況次第で変更になる可能性もありますが、早ければ12日の中山競馬(3歳新馬・ダ1800m)に柴山騎手で出走を予定しています。

スペシャルタイムは何事もなければ12日にデビュー予定。
ただこの新馬戦、アジアエクスプレスの弟が出てきそう。兄ほど走るかはもちろんわかりませんが、
もし激突することになったらちょっと嫌ですね。いかんせんスペシャルウィーク産駒のダート実績微妙らしいのに・・・・。

2歳出資馬近況【2/15~3/4】


2歳馬の近況です。今日からシルク&キャロットの両方の更新をしていきます。
キャロットの分は2月中旬・下旬2回分書きます。忘れててすいません。

【キャロット】

ラベルヴィー(アドマイヤセラヴィ の14)

2/15  NF空港
馬体重:500kg 
この中間、左前球節に疲れが出てしまったため、屋内坂路コースでの調教は控えています。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを行っています。以前とは反対の部分に疲労が出てきてしまっただけにしばらくは無理をさせない程度に動かしていければと思います。周回コースでは体全体を使ってフォームで走れていますし、今後も脚元の状態次第でメニューを検討していきます。

2/29  NF空港
この中間は左前球節に見られる疲れの回復を促すことを念頭に進めており、現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを行っています。周回ダートコースでの軽めのメニューにセーブしていることもありますが、脚元の状態は今のところ安定しています。コントロールもしやすく乗りやすい馬ですし、何とかスムーズに調整を運べるように対応していきたいところです。今後も状態を見た上で日々のメニューを進めていきます。

一番の期待馬。無事に軌道に乗ってくれればいいんですが・・・・。

ミリッサ(シンハリーズの14)

2/15  NF早来
馬体重:423kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調整を行っています。気の強い面を前面に見せ、集中力に欠けるところこそまだありますが、キャンター時の動きは回転の速いフットワークでキビキビとしており、身体能力の高さを感じさせてくれます。今後もメンタル面をしっかり鍛えていくことで持てる能力を発揮できるよう努めていきます。

2/29  NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調整を行っています。前向きな気性の持ち主ということもあり、オーバーワークには気を付けていますが、今のところ問題なく調整を進めることができています。柔らか味のある筋肉に包まれた馬体を存分に活かした伸びのあるキャンターは秀逸で、今後もさらに走りの質を高めていきたいと思います。

姉が今日重賞を勝ちましたね。こちらはダイワメジャー産駒なのでタイプは違うと思いますが、現3歳世代では勝ち上がりが目立ったダイワメジャー産駒。この流れに乗れるように頑張ってほしいです。

ゼルビーノ(マチカネホレルナヨの14)

2/15  NF空港
馬体重:473kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。周回コースでの調整時に隣に馬が来ると落ち着きがなくなる面はありますが、徐々に走りは安定してきており、先頭で走ることはできるようになっています。坂路コースもグイグイ行く感じがありますので、もう少し我慢を覚えさせていきたいところです。

2/29  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。馬体重は右肩上がりで増加しており、徐々に逞しさも増してきています。元気がいい部分は残しながらもこの馬なりに少しずつ大人になってきていますので、ペースアップを徐々に図っていければベストと考えています。

こちらの色男は順調なのかな?ペースアップしてもついていけたら嬉しいですね。

ゴレアーダ(インパクトゲームの14)

2/15  NF空港
馬体重:405kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで1本登坂しています。今の時期にしては毛ヅヤは良好で、体調は良さそうです。年が明けてから体は増加してきていますが、大きく変わってきているわけではありませんので、更なる成長を促していきたい部分はあります。今後も無理にペースアップは図らず、馬に合わせて進めていきます。

2/29  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで1本登坂しています。小柄なわりにストライドは大きく、ハロン17秒ペースでも無理なく動けています。普段は大人しいのですが、騎乗時には前向きな部分を覗かせていますので、オンオフの切り替えを上手く教えていければと思います。

騎乗時の前向きさがコントロール出来るようになってくれれば。
何より馬体が小さいのでどんどん大きくなって欲しいですね。


【シルク】

カリンバ(アフリカンピアノの14)

調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースで軽めの調整

担当者「リフレッシュ目的でトレッドミル調整を1週間挟み、現在はハロン16~17秒で乗り込んでいます。体は小柄ですが、相変わらず力強く柔軟性のある走りを見せますし、気持ちが前向きなので無理なくペースアップできています。たまに飼い食いが落ちる日もありますが、毛ヅヤは良化していますし、以前より馬体も大きく見せており、体調的には特に問題ありません。まだ馬体に物足りなさはありますが、今後もコンスタントに進められれば変化が期待できると思いますし、無理せず成長を促しながら調整していきます」馬体重411㎏

うーん小さい。この馬も馬体増が当面の課題ですかね・・・・・。

イストワールファム(ヒストリックレディの14)

調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17~19秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「リフレッシュ目的でウォーキングマシンとトレッドミルの調整を1週間挟み、現在は週3回坂路を2本乗っています。気持ちの面でだいぶ大人になり、走りに集中できていますし、無駄に力むことも最近はなくなって、柔らかいキャンターを見せています。冬毛が抜けて見た目も感触でも筋肉の張りを感じることが出来ますし、落ち着きが出て飼い食いも良くなり、良いサイクルで調教を進められています。今後も適度にリフレッシュを挟みつつ、徐々にペースアップしていきたいと思います」馬体重468㎏

こちらは馬体重もありますし、調教も順調みたいでなにより。

ガーランドワルツ(スーパーバレリーナの14)

調教内容:ウォーキングマシン60分、週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースでハロン20秒のキャンター2,000m、残りの日はトレッドミル

担当者「この中間はコンスタントにハロン16秒で乗り、月末にはハロン15秒の調教も行ってみました。口が硬くて少し乗り難しいところはありますが、坂路では手応え良くグイグイと走ってきますし、だいぶ力が付いてきた印象です。以前に比べると精神面も徐々に成長していますが、まだちょっと力む感じはありますので、そのあたりは注意しながら徐々に進めていきます」馬体重443㎏

力は付いているようです。馬体重もまあ大丈夫でしょう。

とキャロット・シルクと一気に更新。
途中でコメントも思い浮かばなくなってきてシルクの方はあっさり目で(笑)

とにかく全馬順調に行って欲しいですね。

コイスルキセキ近況【3/2】


コイスルキセキ

3/2  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も周回コースと坂路で乗り込みを行っています。先週からまだペースは上げていませんが、状態は少しずつ良くなってきているのかなという感じがしますね。まだ物足りない部分はあるものの、良化してきているのは確かですからこの調子で進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)