2016年10月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼルビーノ近況【10/18】


ゼルビーノ

10/18  NFしがらき
坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「馬体チェックでは大きな異常はありませんでしたので、この中間から乗り出しています。今のところは特に疲れた感じは見せていませんが、精神面には気を配りながら少しずつペースを上げていきたいと思います。カイバ食いなど体調面は特に変わりありませんよ」(NFしがらき担当者)

体調は問題なさそうですね。
あとはゲートを含め、レースに迎える状態になるまで待ちましょう!
スポンサーサイト

ミリッサ近況【10/19】


ミリッサ

10/19  石坂厩舎
19日はゲート練習中心の調教を行いました。「そろそろゲート試験を、と思っていたところだったのですが、発馬の練習中心になってきてだいぶ気が入ってきてしまったのか、枠入りを嫌がるようになってきました。今朝はちょっと厳しく、鞭も使って枠入りと駐立の練習をしましたが、変に反抗するところもなかったので、少し前進してくれたかなと思います。この後も焦らずに進めていきたいですね」(石坂師)

うーん気難しい仔になってしまいましたねw
1回すんなり行けばどうにかなると思うんですけど、どうでしょうかねー。

ゴレアーダ近況【10/19】


ゴレアーダ

10/19  中尾厩舎
19日は栗東坂路で追い切りました(56秒4-41秒9-27秒3-14秒2)。「今朝も先週に引き続き、坂路で併せて追い切りました。時計を見るとちょっと終いがかかりましたが、後半の時間帯はかなり馬場が荒れてノメるような状態でしたから、動き自体は先週よりだいぶ良くなってきた印象です。併せた相手にも先着していますし、目一杯の手応えではありません。だいぶ息づかいなどはできてきたので、再来週の牝馬限定戦を目標にして、さらにしっかりと動かしていきたいと思います」(中尾師)11月5日の京都競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1400m)を目標にしています。

具体的なデビュー予定が来ました。
牝馬限定戦は頭数集まるイメージですがどうなることやら。
無事に出走できることを願います。



ラベルヴィー近況【10/19】


ラベルヴィー

10/19  NF空港
週3日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを1本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「この中間は背腰を中心に、疲れが溜まり始めている箇所に重点的にケアを施しながら進めています。何とかここを乗り越えてもらいたいと思いますし、可能であれば年内の移動を目指して今後も取り組んでいきたいところです。馬体重は526キロです」(空港担当者)

年内移動の可能性もあるみたいです。大型馬だけにどうなのかは心配ですがまずはゲート試験などもありますし、1歩ずつ進んでもらいましょう。

キャロットの13年産駒の出資馬全て引退


昨日のアンテレクテュエル引退で13年産駒の出資馬全3頭が引退しました。
この世代でも初勝利を上げることが出来ませんでした。
私の夢は14年世代に託されます。

さて13年世代をちょっと振り返ろうと思います。

コイスルキセキ

結果としてデビュー戦がピークでした。
デビュー戦見た後は勝ち上がりは時間の問題だと思いましたがまさかの引退。
血統からか短距離にこだわる起用が続きました。
デビュー戦のマイルでの走りを見るに短距離馬ではなかったのかと思えなくもない。
最後の方は西園先生のレース選択と騎手起用に???となることが多かったです。
色々と嫌なイメージがついてしまい残念な感じ。

コイスルキセキはその後盛岡競馬で走ってました。
南部杯の日にレース出てましたね。いきなり2着と頑張っていました。
特別気にかけることはないと思いますが、レースで名前を見かけたら応援します。

スペシャルタイム
この子は・・・・・不運でした。
出資理由は誕生日が同じだから&話題だったキムテツ厩舎だったので出資しましたという。

デビュー戦は見せ場なく、2戦目に向けて調教していたものの調教後に亡くなってしまう不運。
デビュー戦を現地で見ていたことは本当に良かった。
レースに出るのも大変なんだと改めて認識させられた馬でした。

アンテレクテュエル
この子は新種牡馬枠ということで出資した馬。
あとは関東馬だったので見に行きやすいだろうと。

大型馬ゆえにデビューまでも一苦労。
途中のダート戦はちょっと遠回りする結果だったかなと。
未勝利で格上挑戦というレアな体験をさせてもらいました。
きっと馬自体は弱くはないと思っています。ただ大型馬ゆえに調整の難しさがあったのだと思っています。

案外地方のダートならあっさり勝ってしまうかもしれません。頑張ってもらいたいです。




ガーランドワルツ、3戦目は8着


ガーランドワルツ

10/16(日)新潟2Rに出走したガーランドワルツは8着。

なんかスタート直後にめっちゃよれてましたね。
少しは前進した気がしますが・・・・・。
調教師の最近のコメントからはダート試しそうな匂いがプンプンしてましたがどうなんでしょう・・・。
距離短縮など試してからダート挑戦にして欲しいのですが・・・。


アンテレクテュエル近況と5戦目の結果【10/12〜10/15】


アンテレクテュエル

10/12 鹿戸厩舎
12日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-53秒3-39秒7-13秒4)。「3日間開催の影響で先週に引き続き今週も変則スケジュールになる美浦トレセンです。ただ、アンテレは土曜日の新潟を本線に考えています。さすがに全休日明けに軽く乗って木曜日に追い切ると金曜日に輸送、土曜日に競馬とかなりきついスケジュールで競馬へ臨むことになりますから、色々と調整をして火曜日にも乗れる秋華賞出走予定馬たちと組み合わせ、通常通りのスケジュールで乗れるようにしました。そのため日曜日に終い重点で時計を出し、月曜日に休んで火曜日軽く乗り、今朝追い切りという通常のリズムで調教を行っています。それで、今朝の追い切りはビッシュと併せ馬にしました。少し離れたところを先行したという部分はあるものの、直線で体を並べてから動かすと普通に一緒について来れるんですよね。動けるわけですから格上挑戦でもまったく歯が立たないということはないと思うんです。ただ、ここ最近は馬場へ向かう際にゴネて思うように歩いていかないところも見せているんです。ある程度攻めていくしかない状況ではあるのですが、苦しさも表に出てきているので、そのあたりがレースで影響しなければいいなという心配はしています。また、あとは無事に使えるかどうかというのも大きなポイントになってくるでしょう。可能性がいちばんあるはずの若手騎手限定戦で使えればと思っています」(鹿戸師)15日の新潟競馬(3歳上500万下・若手騎手限定・芝1800m)に木幡初騎手で出走を予定しています。

10/13 鹿戸厩舎
15日の新潟競馬(3歳上500万下・若手騎手限定・芝1800m)に木幡初騎手で出走いたします。

10/15 引退
15日の新潟競馬ではやや縦長の展開のなか中団後方のインを進む。4角から外目に誘導して直線勝負へ臨んだが、思うように進路が開かず、追われてからもジリジリとした伸びになり10着。「スタートをポンと切れていましたし、リズムをしっかり整えて脚を溜め、直線で良さを活かせるように運びたいと考えていたんです。道中は悪くなくじわっと上げていきたかったのですが、内目が壁になりそうで外の進路を狙ったのですが、そこもなかなかオープンにならなくて…。入れるタイミングはあったのですが、少しジリっぽくてエンジンのかかりが速くない分だけスッとそこにも入れず終始厳しくなってしまいました。長く良い脚を使うタイプだけに外に出してしっかり動かしてこの馬の良さを存分に活かしたかったのですが、思うような競馬ができず申し訳ありません」(木幡初騎手)「今回は短期放牧明けでしたがフレッシュさはあり、体調は良かったんです。ビッシュ相手にもしっかり動けていましたので、気持ちの面で難しさを見せなければ格上挑戦でもそれなりにやれるのではないかと期待も持ってレースへ送り出しました。序盤は悪くないかなと思って見ていたのですが、勝負どころから直線で外へ行ったのは良かったもののゴチャついてしまいましたね…。若手騎手限定戦なのでよくあることなのですが、乗れる人数が限られている若手騎手限定戦をメインに考えていかないと出られるかどうかもわからない立場でしたからね…。オープンなところから勢いをつけていければどうだったかというのは見たかったものの今日の状態でグッと来る感じがもうひとつだったところを見るとこのクラスで勝ち負けまでは厳しかったのかもしれません。ここまでお時間をいただいたのですが、期待に応えることができず申し訳ございません」(鹿戸師)前回は結果的に動くのが早かったのかもしれませんが持ち味は出せていました。今回はコース形態が違えば距離もひとハロン延びますし、そのあたりを考えながらレースに挑んでもらえましたが、直線ではスムーズにのびのびと走ることができず悔しい結果となりました。新潟開催のなかで芝の鞍数があり出走できる可能性が一番高いだろうと思われたのがここ開幕週で、今回での結果を持って今後について判断したいと考えていましたが、残念ながら好成績を残すことができず、またこのあとのことも考えるとやや厳しいかと思う内容であったことから鹿戸雄一調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。


ビッシュと調教を行ったことで紙面でもよく名前を見たアンテレクテュエル。
調教後のコメント見ても格上挑戦でもやれそうな雰囲気でした。
結果として2桁着順となり引退。

馬以上に騎手が・・・と思わざるを得ないレース結果でした。まあレース展開にタラレバを言ってもしょうがないのですが。
デビューまで上手く行かなかったりと色々大変な馬でした。
それでも前走では期待の持てるレースで格上挑戦のチャンスをもらえました。
それだけでもありがたい話だったのかもしれません。

お疲れ様でした。アンテレクテュエル。



ゼルビーノ近況【10/7〜10/11】


ゼルビーノ

10/7  NFしがらき
7日にNFしがらきへ放牧に出ました。

10/11  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の金曜日にこちらへ到着しており、今は軽く動かしながら馬体のチェックを行っているところです。トレセンではちょっとピリピリとした面を見せるようになってきたとのことでしたし、まずはしっかりと気持ちの部分をリフレッシュさせていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

前走までの疲れを取ってもらい、次こそ勝ち上がれるように頑張ってもらいましょう♪
おそらくこの世代の出資馬唯一のダート馬なので地道に稼いで欲しいものです。

ミリッサ近況【10/13】


ミリッサ

10/13  石坂厩舎
12日、13日はゲート練習中心の調教を行いました。「今週もゲート練習中心の調教を行っています。段階を踏んでじっくりと取り組んでいますが、ちょっとピリピリするところも見せるようになってきました。ただ、練習自体は順調にこなしており、発馬もほぼ水準レベルまで上達していますよ。カイバ食いも変わらずいいですし、普段は手のかからない素直な馬です。この後は精神面を見ながら進めていきたいですね」(大井助手)

近いうちにゲート試験合格出来そうと思うのは考えが甘いでしょうか?(笑)
ピリピリしてることもあるみたいですので、ゲート試験合格しても放牧かな?
どうにか年末の大舞台にと思っているのですがどうでしょう?

ゴレアーダ近況【10/13】


ゴレアーダ

10/13  中尾厩舎
12日は軽めの調整を行いました。13日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-41秒3-27秒4-14秒0)。「先週の動きを見てもまだ余力がないなと感じますし、まずはしっかりと本数をこなしていこうということで今朝は坂路で併せて追い切りました。ラスト1ハロンでちょっとしんどくなりましたが、道中はいい形で進められていましたし、このぐらいの内容を繰り返して力をつけていきたいですね。ここまで進めてきても特にテンションが上がってしまうこともなく、体調も良好ですよ」(中尾師)

今のところは順調に来てそうですね。
あわよくばこのままデビューまで行って欲しいですね。

ラベルヴィー近況【10/13】


ラベルヴィー

10/13  NF空港
週3日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを1本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「引き続き、メニューに強弱を付けてじっくり進めています。そろそろ疲れが溜まってきてもおかしくありませんし、慎重に状態を見ながら次のステップへ進めるように取り組んでいければと思います」(空港担当者)

じっくり焦らずやってもらいましょう。
でも1日でも早くデビューして欲しいのも本音(おい

イストワールファム、デビュー戦は3着


イストワールファム


2番人気で3着でした。

大外だったのとスローだった(はず)展開が向きませんでしたかね。

上がりはメンバー最速の33.1。出来ればこのまま東京で続戦してもらいたいですね。

以下、クラブでのコメント。

北村宏司騎手「ゲートは様子を伺いながら出ていましたし、右に逃げたりもして、馬を気にしていました。道中も気を使いながらで外からポジションを上げて行くということはできませんでした。それでも手応えが良かったので、直線で外に出したら良いアクションを見せてくれました。調教で騎乗した時は沈み込む感じがなかったのですが、実戦ではすごく良いフットワークで走っていましたよ。軽い走りをするからウッドチップが合わないだけかもしれません。調教時とはハミを替えたことで口の方は大丈夫でした」

古賀慎明調教師「返し馬で良いフットワークで走っていたのを見て、もっと軽い馬場で走らせたかったと思いましたね。良馬場とは言え、前日の雨で多少水を含んでいたでしょうからね。スタートから他の馬を気にして、向正面でも一旦下がったりもしていましたが、ようやく嵌った時にはもう態勢が決した後でした。でも直線では前を追い掛けるファイトがありましたし、上がりは最速の時計で伸びてきてくれましたね。入厩時はモサッとしていましたが、一追い一追い上向いてきたところで、まだ良化の余地を残している段階でした。それでこのパフォーマンスを見せてくれるのですから、素質はあると思います。次走についてはこの後の状態を見てから判断します」

ゼルビーノ近況【10/5】


ゼルビーノ

10/5  西園厩舎
5日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は思ったよりゲートが悪く、考えていたよりも後ろからの競馬。最後はよく伸びてきているだけに、前半がちょっともったいなかったですね。レース後は大きな疲れはなく馬体にも異常はありませんが、ゲートでちょっと立ち遅れたあたり、入厩からレースまでトレセンで過ごしてきて少しピリピリしてきているところはあるのかもしれませんから、短い期間でもリフレッシュさせてあげるつもりです」(西園師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

一旦放牧に出されるようです。
放牧先でリフレッシュしてもらい、また頑張ってもらいましょう♪

ミリッサ近況【10/5】


ミリッサ

10/5  石坂厩舎
5日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週無事栗東に到着しました。ちょっとピリッとしたところがあるタイプと聞いていたのでもちろん慎重に接していますが、普段はとても素直で扱いやすい馬ですよ。ただ、やはり洗い場に入るのは少しゴネたりもしますし、ゲートでもちょっと頑固なところは見せています。ゲート練習は今日から本格的に初めて、まだ通すところから駐立の練習だけですが、とにかくこちらが焦らずに接していこうと思います」(大井助手)

ん〜どうやら気難しそうな感じ・・・。
姉のシンハライトが長期離脱した今、どうにか妹にも頑張ってもらいたい・・・・。

ゲート試験頑張れ!

ゴレアーダ近況【10/5】


ゴレアーダ

10/5  中尾厩舎
5日は栗東坂路で追い切りました(56秒1-41秒1-27秒4-14秒3)。「ゲート試験に合格してからもカイバ食いも良好で大きな疲れなどは見せていないため、このまま在厩でデビューを目指していくつもりで今朝坂路で追い切りを行いました。走りづらい馬場状態だったことも影響したのか最後は少し脚が上がり気味になってしまいましたが、先週末に15-15を乗って今回が実質初めての追い切りのようなものですからね。このひと追いでまた変わってくるでしょうし、これからじっくりと負荷をかけていく予定です」(中尾師)

このままデビューを目指すようです。
さすがに最初の追い切りではイマイチみたいですが、今後良化していくことを願います。
まずは無事にデビュー出来ますように!

ラベルヴィー近況【10/5】


ラベルヴィー

10/5  NF空港
週3日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを1本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「引き続き、馬に合わせたメニューを消化しています。ここにきて軌道に乗ってきた感がありますし、今後も焦ることなく良化を促していければと考えています。馬体重は528キロです」(空港担当者)

2歳馬で唯一、脱空港していないラベルヴィー。
まあコメントにもあるように焦らず進めてもらいましょう。


アンテレクテュエル近況【10/6】


アンテレクテュエル

10/6  鹿戸厩舎
5日は軽めの調整を行いました。6日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒6-53秒5-39秒5-13秒5)。「先週帰厩してきましたが体調面の不安はなく調整を進められています。気になることと言えば体がちょっと立派なところでしょうか。良い肉付きなのでダメというわけではないのですが、ゴロンとしていてこれで大丈夫かな…とつい思ってしまうほどだったので、意識しながら調整を進め出したんです。今朝は併せ馬を行ったのですが、秋華賞に登録している馬を相手に優勢の動き。相手がもうひとつ動き切れなかったということはあるものの、アンテレ自身の動きは悪くなく、上がってきた時の息も悪くないということですから立派に映った体もあまり気にしすぎなくてもいいのかもしれませんね。この調子で乗っていきます。いちおう最短の目標を来週に置いています。新潟の開幕週は芝のレースが複数組まれていて2週目よりも可能性はあるのではないかと思っています。若手騎手限定戦が一番可能性の高いレースだろうと思っていますが、他のレースもいちおう考えつつ使えるレースへ向かいたいですね」(鹿戸師)出馬状況と状態次第になりますが、今のところ15日の新潟競馬(3歳上500万下・若手騎手限定・芝1800m)に木幡初騎手で出走を予定しています。

格上挑戦となるアンテレクテュエルがいよいよ始動です。
鞍上の想定は今トキメク木幡兄弟の兄。
新潟では結構勝ってたイメージなので、このイメージのまま勝ってもらいたいものです。


ピューリティーの15近況【8/25〜9/30】


ピューリティーの15

8/25  ノーザンファームYearling
馬体重:430kg 体高:153.5cm 胸囲:171.0cm 管囲:19.9cm 
予定育成牧場:NF空港

9/7  NF空港
6日にNF空港へ移動しました。

9/30  NF空港
馬体重:445kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は騎乗馴致を終えて、ロンギ場でフラットワークを開始しており、併せて調教場での馬場見せも行っています。空港牧場へ移動する前は所狭しと元気に放牧地を駆け回るなど、しっかり鍛錬を積み重ねることができました。少し臆病な面がある馬ですが、洗い場での練習にもしっかり対応できていたのは好印象で、今後も慣らしながら進めていければと思います。

アドマイヤキラメキの15近況【8/25〜9/30】


アドマイヤキラメキの15

8/25  ノーザンファームYearling
馬体重:421kg 体高:155.5cm 胸囲:175.5cm 管囲:19.7cm 
予定育成牧場:NF早来

9/14  NF早来
14日にNF早来へ移動しました。

9/30  NF早来
馬体重:432kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動と馬房内での鞍付けや騎乗馴致を行っています。窮屈さのない伸びのある馬体を有しており、その身にまとう筋肉ひとつひとつの質の高さが目立つ一頭です。放牧地での動きを見ても加速性能の高さと弾むようなフットワークは際立っており、このスピードに磨きをかけていけば、後にどれ程の走りを見せてくれるのか今から楽しみでなりません。


シーズンズベストの15近況【8/25〜9/30】


シーズンズベストの15

8/25  ノーザンファームYearling
馬体重:449kg 体高:154.0cm 胸囲:184.5cm 管囲:19.5cm 
予定育成牧場:NF早来

9/8  NF早来
7日にNF早来へ移動しました。

9/30  NF早来
馬体重:440kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動と馬房内での鞍付けや騎乗馴致を行っています。幅のある隆々と発達した筋肉は牝馬らしからぬ迫力に満ちており、立ち姿を見ただけでも力強さを備えていることが伝わってきます。人に対して従順な気性で初期馴致もまったく手が掛かることなくできていますので、今後も順調に調教を積んでいけるでしょう。

アドマイヤドレスの15近況【8/25〜9/30】


アドマイヤドレスの15

8/25  早来ファーム
馬体重:470kg 体高:154.5cm 胸囲:175.5cm 管囲:20.1cm 
予定育成牧場:NF空港

9/16  NF空港
16日にNF空港へ移動しました。

9/30  NF空港
馬体重:480kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は騎乗馴致を開始しており、ブレーキングを行っています。均整の取れた程よいコンパクトさがある骨格構造と、全体に丸みがあって抜群の弾力性を感じさせる筋肉の厚みが本馬の特長で、メリハリの利いた気性面を考慮しても、やはり短めの距離でこそ真価を発揮してくれそうです。順調に日々の調整メニューもこなすことができていますし、更なる変わり身が期待できそうです。

ゼルビーノ、デビュー戦は4着


ゼルビーノ

10/1  西園厩舎
1日の阪神競馬ではゲートがあまり速くなく道中は後方から。直線で脚を伸ばすもなかなか前との差を詰めることができず4着。「最後までしっかりと伸びていますし、よく頑張ってくれているんですけどね。ゲートがあまり良くなかったですし、3~4コーナーで他の馬を怖がってしまったことで少し外へと逃げてしまいました。外枠ならばもっと競馬がしやすかったと思います。申し訳ありません」(M.デムーロ騎手)「稽古の内容どおりなら十分勝ち負けになると思っていたのですが、今日はスタートからあまり進んでいかず、最後もちょっと外を回るロスがありました。ただ、それでも直線はしっかりと伸びてくれていますし、もう少し流れに乗れていれば違っていたでしょう。人気にも推されていたのに申し訳ありませんが、力のあるところは見せてくれましたから、一度使った上積みに期待したいですね。続戦するかどうかはまず馬体をよく確認してから検討していきます」(西園師)1週前、そして当該週といい内容の追い切りができていたのですが、今日はスタートから流れに乗り切れずに終わってしまった印象です。ただ、競馬を一度経験したことは大きいでしょうし、次走ではさらに前進といきたいものです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。


ジョッキーも調教師も言っていますがスタートが全てですかね。
もっさりとしたスタートからの直線での追い込み。
姉のコイスルキセキのデビュー戦を見ているかのようw

そして勝ち馬から2秒離されているのも気になりますね。
スタートがまともならもっとタイム差は少ないと思いたいですが・・・・・。

続戦するのかはさておき、一応、優先出走権は取ってくれましたし、今は前向きに見ましょう。
次走も頑張れゼルビーノ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。