アンテレクテュエル、スーパー未勝利4着も・・・【8/31〜9/11】


アンテレクテュエル

近況と今日のレース後のコメントまで。

8/31 鹿戸厩舎
31日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒1-40秒3-13秒3)。「先週入厩させてもらって徐々に動かしてきています。普段の様子は良い意味で変わりありませんし、以前のような難しさもそこまでは出していない状況なのでスムーズに調教を進められています。今週、来週と時計を出して競馬へ向かえればと思っていて、今朝は3頭での併せ馬をコースで行いました。アンテレが先行して他馬とリズムを合わせて終いを頑張らせるものでしたが、ちょっと踏ん張りきれなかったですね。ただ、こうやって動かしていくことで徐々に動けるようになるはずですから、この後の調整もしっかりと行っていきます。以前トレセンにいた時も天栄にいる時も息遣いが気になったので昨日念のために内視鏡でのぞいてみましたが、静止している際の喉の動きに異常はありませんでした。速いところへ行くとまた違うのかもしれませんが、昨日時点では顕著な異常がないということですので、このまましっかりと動かしながら態勢を整えていきます」(鹿戸師)早ければ9月11日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)に柴山騎手で出走を予定しています。

9/7 鹿戸厩舎
7日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒1-39秒6-13秒2)。「前回は追走時の走りがもうひとつに見えたのですが、ここ最近の息遣いの不安のことを考えるとあまり距離が長すぎると却って良くないかもしれないという話が牧場からあり、また来週の芝が必ず入るとも限らないことから今週のマイル戦から視野に入れることにしたんです。ただ、同じ状況で走らせて付いていけませんでしたでは使う意味もなくなりますし、前向きさを引き出しつつ芝で良さを出せるようにしたいと考えて、ブリンカーを着用してみることにしたんです。ぶっつけ本番で効果が悪いほうに出てしまうのは避けたかったので今朝の追い切りでブリンカーを着けてみたところ、相手は2歳馬でしたが結構動く馬に対して臆することなく、むしろ今までにないくらい張り切った走りを見せてくれていましたよ。これならば効果は十分と思えましたし、このあとよほど敏感にならない限り着ける方向で考えようと思っています。今回がラストチャンスになりますが、ここへ向けて期間を設けて牧場そして美浦で準備をしてきましたから、何とか良い結果を出してほしいと思っています」(鹿戸師)11日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)に柴山騎手で出走を予定しています。

9/8 鹿戸厩舎
11日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)に柴山騎手で出走いたします。

9/11 鹿戸厩舎
11日の中山競馬ではややゆっくりとしたスタートもすぐに進んで、前が飛ばす展開のなかで中団後方を進む。手応え良く進み、4角から前へ迫っていくが直線でもうひと押しが足りず4着まで。「レース前に先生から気合を乗せて行って欲しいと話を聞いていました。稽古ではブリンカーを着けて悪くなかったとのことでしたけど、馬場に入ってみてもおっとりしていたので、前向きさを引き出すために肩ステッキを入れて促したんです。正直、返し馬では心配になったのですが、レースへ行くとそのような心配はなく、ハミを取っていいリズムで走れていたんです。前がいいペースでは走っていましたが、あまりゆったり構えすぎて差し脚勝負となってもと思い、捕まえるつもりで動かしていきました。よく伸びているんですけれどね…。最後は脚色が同じになってしまい、差し切ることができませんでした。トモの緩さがあると聞いていましたが、今日の感じは決して悪くなく、段々と良くなってきているのでしょうね。何とか勝たせてあげたかっただけに申し訳ありません」(柴山騎手)「じっくり乗り込んできたので体は増えていましたが悪くない状態ではあったと思います。あとは如何に1600mの流れに対応できるかでしたが、返し馬を見たときは頭を抱えそうになりました。ゆったりし過ぎてステッキを入れられるほどでしたからね…。稽古では張り切って走っていたからブリンカー効果はあるはずなのにと戸惑っていたのですが、レースへ行けばそのような心配はなく、気を見せて走っていました。結果論で言えば少しだけ動き出しが早かったのかもしれませんが、遅らせていたらいただけ、また違ったことにもなっていたでしょう。それにしてもあの着差ですからね…悔しいですよね。使い出しが遅くなり、ようやく良くなってきたのかなという時だっただけにここで判断となるのは残念でなりません」(鹿戸師)芝に戻してみた今回でしたが、リズムを整えて走ることができたのが良かったか、勝負どころでのアクションには見どころがありました。勝ち切れなかったあたりは現実を表しているのかもしれませんが、育成時代に順調さを欠いたことがあり、今回が芝2戦目でした。必ず使えるとは言えませんが、ここで止めるよりももう1回可能性を探りたいという考えになる内容でもありました。それなので、あくまでもレース後の状態が大きく問題なければということが前提になりますが、秋のローカル開催で可能性に賭けた挑戦を前向きに考えていくことを検討しています。

スーパー未勝利で4着だったアンテレクテュエル。
今回のレースは凄くいいレースでした。
スーパー未勝利戦ゆえに勝たなければ意味のない着順、個人的には凄くいいレースでしたのでなんとか地方から再転入を・・・と思いつつも、絶好調のキャロットクラブ。引退だろうと思っていたら、条件付きですが秋のローカル開催への挑戦。


どういう経緯があったかは分かりませんが嬉しい誤算です。
まずは馬体に問題ないことを願いつつ次走の挑戦が出来ることを願います。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック