イストワールファム、デビュー戦は3着


イストワールファム


2番人気で3着でした。

大外だったのとスローだった(はず)展開が向きませんでしたかね。

上がりはメンバー最速の33.1。出来ればこのまま東京で続戦してもらいたいですね。

以下、クラブでのコメント。

北村宏司騎手「ゲートは様子を伺いながら出ていましたし、右に逃げたりもして、馬を気にしていました。道中も気を使いながらで外からポジションを上げて行くということはできませんでした。それでも手応えが良かったので、直線で外に出したら良いアクションを見せてくれました。調教で騎乗した時は沈み込む感じがなかったのですが、実戦ではすごく良いフットワークで走っていましたよ。軽い走りをするからウッドチップが合わないだけかもしれません。調教時とはハミを替えたことで口の方は大丈夫でした」

古賀慎明調教師「返し馬で良いフットワークで走っていたのを見て、もっと軽い馬場で走らせたかったと思いましたね。良馬場とは言え、前日の雨で多少水を含んでいたでしょうからね。スタートから他の馬を気にして、向正面でも一旦下がったりもしていましたが、ようやく嵌った時にはもう態勢が決した後でした。でも直線では前を追い掛けるファイトがありましたし、上がりは最速の時計で伸びてきてくれましたね。入厩時はモサッとしていましたが、一追い一追い上向いてきたところで、まだ良化の余地を残している段階でした。それでこのパフォーマンスを見せてくれるのですから、素質はあると思います。次走についてはこの後の状態を見てから判断します」

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック